プロポーズに婚約指輪


婚約指輪は、男性から女性へと、婚約の記念品として贈られる指輪です。どのように渡すかはもちろん自由ではあるものの、女性にとっては大切な1日、思い出や記念に残る日となります。そのため、やはり簡単に渡すのも良いですが、しっかりとした形で送りたいというのが自然ではないでしょうか。当サイトでは、婚約指輪の渡し方について紹介しています。

婚約指輪はいわゆる「プロポーズ」を男性が行うときに、女性側へと贈られます。これが一般的な渡され方ではあるものの、実際にはプロポーズをした後に贈るという事も稀ではありません。その理由としては、プロポーズの段階では、女性の指のサイズが分からないという事が多いからです。せっかく高級なプレゼントを贈ったのは良いが、女性の指にはまらないという事になればガッカリしてしまいます。そこで、プロポーズをして婚約が成立すると、それから二人で婚約指輪を買いにいくという形も少なくないのです。

「サプライズ」で渡したいと考える方も多いでしょうが、必ずしもそういった記念に残る渡し方をする必要はありません。プロポーズのみ記念に残るようにされて、後から婚約指輪を買いにいく方が、女性側としても買い物を一緒に楽しめますし、自分が好きなデザインの指輪を買ってもらう事に繋がります。男性側からすると、できればプロポーズの段階で指輪を渡したいという気持ちもあるでしょうが、失敗しないためには、一緒に買いにいくのも一つの選択肢です。婚約指輪といっても、男性が想像しているよりもはるかに数多くのデザインがあります。その豊富なデザインの中から彼女にピッタリの指輪を見つけるのは男性一人では中々困難と言えるでしょう。もちろん店員さんが相談に乗ってはくれますが、やはり一番間違いないのは彼女と一緒に選ぶことではないでしょうか。

参考⇒婚約指輪販売店〔ガラ おかちまち〕
・・・豊富なデザインを扱っているジュエリーショップのサイトです。